パラマウントのこだわり

履き心地へのこだわり

 

 便利になった生活の一方で、足のトラブルは年々増え続けています。特に若い世代の人は、足が細く長く弱くなる傾向にあり、足(アーチ)が崩れやすくなっています。健康維持のためにも足に合った靴を選ぶことは非常に重要です。

 

 多くの靴メーカーが海外で大量生産する中で、パラマウントは足の健康をサポートする靴作り&販売をモットーに、東京の本社工場にて一足一足手作りで作製をしています。

豊富なサイズ展開

サイズといっても、長さ(レングス)だけではなく幅(ウィズ)を揃えているのがパラマウントの特徴です。同じデザインでも最大で幅の広い3Eから幅の細い3Aまでウィズがあります。1デザイン最大で55サイズの中から足にあったサイズを選びます。

歩行をサポートする様々な機能

ロングカウンター

 カウンターは、靴のかかと部分に装着された硬い芯のことです。パラマウントでは、一般のカウンターより長くアーチを支えることができるロングカウンターを装着しています。内側のカウンターは土踏まずまであり、重心の内側・外側への過度のぶれを押さえ、アーチの崩れを防ぎます。

鋼鉄製シャンク

 シャンクは、本底と中底の間に装着されている補強芯です。コストと手間がかかるため、一般には装着されていないことも多いです。鋼鉄製にすることで、靴の強度をより高めています。体重がかかるアーチの荷重を支えて、良いアーチの状態を保ちます。また、歩行の際には、適度な弾力で衝撃を分散吸収する役割も果たしています。

滑りにくい本底
 

地面をキャッチする形状やゴムに麻を練り合わせた素材により、大幅にグリップ性をアップしました。

足指を保護するオブリック

指先に沿ったつま先の形状で、適度な余裕で指を締め付けず、疲れにくいのが特徴です。

アーチクッション

土踏まずのアーチクッションが足のアーチを支え、足の前すべりを防ぎます。

ボロネーゼ製法

靴の前半分を袋状に縫い合わせるイタリア生まれの製法。つま先の裏まで革がつながっているので、靴下のように足を包み込みます。指の付け根でスムーズに曲がるので、足の動きに自然に吸いつき、長時間履いても疲れにくいのが特徴です。一般的な縫製の2倍ほどの工程を要する非常に手のかかった製法です。

一人ひとりの足に合わせたカスタムメイド

色・革が選べます

他のデザインに使用している革でも作ることができます。柔らかく足当たりの良い革から、型崩れしにくいしっかりした革まで選べます。(※色・革の変更にはプラス料金がかかります)

本底が選べます

柔らかい底やグリップ性に優れた底など、それぞれ特徴があり、最大5種類の本底から足の特徴に合わせた靴選びができます。

製法を変えて作ることもできます

デザイン・サイズを決めてからステッチダウン製法やグッドイヤー製法で作ることができます。

ポイント修正

既製の靴では合わない場合、セミオーダー対応も行っております。

 

たとえば外反母趾で当たる部分だけ、はじめから広く作ることができます。(※木型からの完全オーダーは行っておりません)

インソールが作れます

オーダーメイドのインソールが作れます。足型をとり、熱成型して一人ひとりの足の形に変えていきます。10種類以上のコンフォマーブルインソールやパーツを組み合わせて作るモジューロインソールで、足や体のバランスに合わせて作ることができます。

▶ インソール詳細はこちら

※セミオーダーでのご注文は実際にお客様の足を計測させていただくため店舗・販売会にて承っております。

 ご相談は無料となっておりますのでお気軽にご予約下さい。

▶ 直営店ポディア ▶ 販売会の日程